2010年03月18日

遺体は30代女性=死後切断、7〜10日経過−福岡県警(時事通信)

 福岡市西区の能古島北東部の海岸で15日、女性遺体の下半身が見つかった事件で、女性は30代とみられることが16日、福岡県警西署捜査本部への取材で分かった。同市博多区では今月上旬から30代の女性会社員が行方不明になっており、捜査本部はDNA型を照合するなどして関連がないか調べている。
 捜査本部によると、司法解剖の結果、遺体は死後切断され、1週間から10日経過。尻の右側上部と下部には生前にできたとみられるあざがあった。死因は分からなかった。 

【関連ニュース】
全面否認の男に懲役18年求刑=女性殺害、裁判員裁判
凶器はバット、無抵抗か=男数人が車で拉致、聴取
グループホーム運営会社など捜索=入居者2人の身元確認-7人死亡火災・道警
リュック中身は乳児遺体=東大寮侵入容疑の男
神戸港に白骨化遺体=不明の40代会社員か

多汗症手術後に異常発汗=「説明不足」と提訴−東京地裁(時事通信)
新種鳥化石 地上走り回る ゴビ砂漠で発見(毎日新聞)
自民執行部、沈静化に躍起…鳩山邦夫氏離党(読売新聞)
EXPO’70パビリオン 開館 大阪万博を後世に(毎日新聞)
非核三原則堅持を強調、外相が衆院外務委で(読売新聞)
posted by ニシワキ アキヒコ at 22:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。