2010年01月30日

普天間移設争点、名護市長選が24日投票(読売新聞)

 米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設受け入れの是非を争点にした同県名護市長選は24日、投開票される。

 選挙戦では受け入れに反対する新人の前市教育長・稲嶺進氏(64)(無=民主・共産・社民・国民推薦)と、容認派で自民、公明両党の支援を受けて再選を目指す現職・島袋吉和氏(63)(無)が激しく競い合った。選挙結果は、移設先を再検討している鳩山内閣の判断にも影響を与えそうだ。

 稲嶺氏は「基地問題を終わらせる」と移設反対を主張。受け入れの事実上の見返りである政府の北部振興策も市の活性化につながっていないとして、市政刷新を訴えた。

 島袋氏は「政府が決めること」という立場から移設問題には積極的に触れず、企業誘致で約1000人の雇用を創出した実績を強調。新たな市の活性化策をアピールした。

 有権者数は4万5521人(16日現在)。

男児の裸写真をネット公開、容疑の男逮捕 警視庁(産経新聞)
「大統領に黒人選んでまで」=米政権交代で言及−小沢氏(時事通信)
初の意見交換は平行線…国交相と八ッ場ダム住民(読売新聞)
足利事件再審で再生された録音内容の抜粋1(読売新聞)
小沢氏に対する告発状受理 東京地検 (産経新聞)
posted by ニシワキ アキヒコ at 13:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月28日

検察審査会、初の起訴議決=元県警副署長、刑事裁判に−明石歩道橋事故・神戸(時事通信)

 兵庫県明石市で2001年7月、花火大会の見物客ら死者11人、負傷者247人を出した歩道橋事故で、業務上過失致死傷容疑で書類送検され、神戸地検が嫌疑不十分で不起訴とした榊和晄・元兵庫県警明石署副署長(62)について、神戸第2検察審査会は27日、法的強制力を持つ「起訴議決」をした。今後、裁判所が指定した検察官役の弁護士が業務上過失致死傷罪で起訴する。
 昨年5月に制度が導入された改正検察審査会法の施行後、初の起訴議決。地検はこれまで元副署長を4回不起訴としてきたが、一般市民から選ばれた検察審査会の「民意」によって、初めて法廷で刑事責任が問われる。
 遺族は改正法施行に合わせ審査請求し、神戸第2検察審査会が昨年7月、地検は起訴すべきだとする「起訴相当」を議決。しかし、地検は同9月に再び不起訴とした。 

【関連ニュース】
審査会、検察官から意見聴取=起訴議決適否、近く判断
「同じ事の繰り返し」=検察は市民感覚反映を

産経の経済ニュースを携帯に送信 ソフトバンク(産経新聞)
<強盗ほう助>日通元社員に有罪判決 津地裁(毎日新聞)
「新型」輸入ワクチン、希望は200回分だけ(読売新聞)
水俣病訴訟 和解協議始まる 不知火患者会と被告(毎日新聞)
小沢氏、続投を表明=「職責を全う」(時事通信)
posted by ニシワキ アキヒコ at 16:05| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小沢氏、説明責任果たす=聴取後会見を評価−平野官房長官(時事通信)

 平野博文官房長官は25日午前の記者会見で、民主党の小沢一郎幹事長が資金管理団体の政治資金規正法違反事件で東京地検特捜部の事情聴取を受けたことについて「自らの潔白を検察に説明したのだから、それはそれでいいのではないか」と述べた。小沢氏が聴取後の記者会見で「説明責任を果たしたと思うか」との質問に対しては、「ある意味で説明されたと思う」と評価した。
 小沢氏は23日の会見で、今後も必要に応じて国民に説明する意向を示した。これに関して、平野長官は「捜査中なので、どのタイミングでどう説明するかは微妙な問題だ」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜検察が小沢一郎民主党幹事長から事情聴取〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
捜査は検察の政権つぶし〜民主・高嶋良充筆頭副幹事長インタビュー〜
「小沢独裁」は作られた虚像〜民主・輿石参院会長〜
労組への配慮で公務員制度改革「封印」の危機

<広島市長>オバマ大統領の訪問の意思、確認できてうれしい(毎日新聞)
春の訪れ、早めか=気象庁3カ月予報(時事通信)
「おれはやくざだ」渋谷の飲食店に強盗(産経新聞)
衆院予算委 天皇陛下の公的行為に平野氏「統一見解示す」(毎日新聞)
焼肉店主射殺の元従業員、差し戻し控訴審も無期懲役判決(産経新聞)
posted by ニシワキ アキヒコ at 04:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。